2012年08月19日

Thunderbirdとブラウザの関連付け

Windows7が不安定になったので、バックアップから復元したら、Thunderbirdで受信したメールのリンクをクリックしても既定のブラウザで開けなくなってしまったので、解決方法についてメモしておく。

1 「ツール」→「オプション」を左クリック
2 詳細の一般タブで「設定エディタ」を左クリック
3 検索窓に「external.http」と入力
4 [network.protocol-handler.warn-external.http]を左Wリックで[true]に変更
5 [network.protocol-handler.warn-external.https]を左Wクリックで[true]に変更
6 右上の「x」を左クリックし設定画面と閉じ、1項のオプション画面でOKを左クリック
7 リンクの記載があるメールを開いてリンクをクリック
8 プログラムの選択画面が出たら、関連付けたいブラウザのexeを指定。
  (この時に、アイコンがきちんと表示されていない場合は、プログラムの選択右側にある「選択」を左クリックし、使いたいブラウザのファイルを指定してやる。)
10 画面下にある「今後httpリンクは同様に処理する」チェックを入れ「OK」を左クリック
Thunderbird
11 「ツール」→「オプション」→「添付ファイル」で設定した内容を確認

8項で指定したブラウザで開くようになるので、既定が何であれ、任意のブラウザで開くことが出来るようにすることができる。
posted by 管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。